経営革新への取組
 
 
経営革新とは
 
経営革新とは新しい発想、しくみづくり、独創技術、新分野への進出、制度改革によって今より多く売れる製品づくりや売り方の工夫、より喜ばれるサービスの提供を目指す活動のことです。
 
1. 新商品の開発又は生産
2. 新役務の開発又は提供
3. 商品の新たな生産又は販売の方式の導入
4. 役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動
 
実際には、今の仕事の方向性を、対象としているお客様のニーズに合うように、少しだけ改善するということです。
 
 
このようなことをお考えの経営者の皆様へ
 
新しいアイデアがあるのでビジネス化を図りたい!
これをやったら、もっと儲からないかな?
昔からの夢をぜひ実行してみたい!
自社の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)をもっと有効に活用できないか?
不安定な下請け事業からの脱却を図りたい!
 
 
経営革新計画書を作成したい方、計画書作成でお悩みの方は商工会がサポートします。
 
経営革新の承認を受けるにあたっては、商工会の経営指導員や中小企業診断士等のシニアアドバイザーの個別指導も無料で活用することができます。
また計画についての助言・指導を受けたいという場合もご相談ください。
今の事業に新しい可能性を見つけるために商工会が、事業主を応援いたします。
 
 
経営革新が承認されると・・
 
各種補助金制度
低利融資制度
長期無利子高度化融資などの優遇措置
中小企業投資育成会社の特例
新事業開拓促進
税制特例措置
信用保証の特例
ベンチャーファンドからの投資
特許関係料金減免制度
販路開拓コーディネート制度
 
他にもこんな効果も
会社の知名度が上がった
会社のイメージがあがった
社会的に信用があがった
社員のモチベーションがあがった
クリックすると拡大表示します。