専門家派遣(エキスパートバンク)制度
 
エキスパートバンク(経営・技術強化支援事業)制度は、創業や経営革新に取り組む中小企業に経営・技術・情報・生産に関する民間の専門家を派遣し、小規模事業者等の皆さんの経営を支援する目的で行います。

福岡県商工会連合会に登録されたエキスパート専門家を直接会員事業所に派遣し、専門家の立場で具体的に実践的なアドバイスをしていただきます。
 
 
派遣内容
 
県内に主たる事務所又は事業所があり、中小企業法二条に規定する中小企業者であり、創業や経営革新を目指す事により経営の向上を図ろうとする企業
(大企業が実質的に経営に参画している場合は、対象外です。)
 
相談内容に沿った適切な専門家を直接企業にお連れします。(企業秘密は厳守します)
・中小企業診断士 ・公認会計士 ・税理士 ・技術士
・情報技術者 ・社会保険労務士 ・各種コンサルタント
 
派遣する専門家は、当センターに登録されている専門家から、支援要請内容に応じた専門家を選択していただきます。
希望により、企業が指名する未登録の専門家を派遣することもできます。
 
初回無料
 
クリックすると拡大表示します。
 
 
エキスパートバンク活用例
 
経営の向上を目指す意欲のある中小企業者や創業者が抱えている経営・技術等の諸問題に対して、幅広い分野の民間専門家が相談や診断助言を行います。

創業の支援はもちろん、事業の拡大や新分野への進出、新たな管理システムの導入など、経営を向上させる新事業に幅広く対応します。
下記のような項目に対して、コンサルタントやアドバイザーを直接企業にお連れし、具体的で適切な診断助言を行うことによって、問題解決に役立てていただきます。
 
アイデアを具体化し創業したいので、事業計画のアドバイスを受けたい。
経営管理の指導を受けたい。
商品を効果的に陳列したい。
多角経営で事業の安定を図りたい。
後継者及び従業員の教育をしたい。
チラシ・DM・POP広告の実務指導を受けたい。
商品デザインの開発指導を受けたい。
パソコンを使いこなせるよう実務指導を受けたい。
商標登録・実用新案登録をどのように申請したらよいか指導を受けたい。
就業規則・服務規程・退職金規程等の実務指導を受けたい。
ホームページを活用して営業を強化したい。
パソコンのセキュリティについて対策したい。
事業形態による税務相談を受けたい。
 
新製品の開発について指導を受けたい。
新素材・新材料をうまく取り入れたい。
自動化・省力化を進め、作業能率の向上を図りたい。
品質管理(TQC)を導入し、製品ロスを減らしたい。
機械設備を導入する際の事前指導を受けたい。
産業廃棄物処理や公害問題の指導を受けたい。
ISO9000・15000の関係指導を受けたい。
社内の情報化を図りたいので、コンピュータ導入について相談したい。
コストダウンを図りたいので、工程管理・設備投資計画などについてアドバイスを受けたい。